社畜ゲーマーの備忘録

しゃこぽめドットコム

League of Legends

LOLプレイ中に「再接続中」と表示された時の対処法

更新日:

どうも、頭ぽめらにあんです!

今回はLOLのトラブルシューティング記事になります。

皆さんはログイン後や試合リザルト画面で、以下のような状態に陥ったことはあるでしょうか?

私の環境でも不定期ですがこの現象が発生し、プレイに中々の影響がでていました。

ヘクステックリペアツールを使っても改善しなくて半ば諦めていましたが....

対策をしたらこの現象が全然発生しなくなりました!

今回Riotサポートに問い合わせた結果と自分で行った対策をご紹介するので、もし接続できなくて困っている方は参考にしてみてください。

パソコンの設定に自身が無い人は設定前にバックアップを取っておきましょうね!

あとRiotにサポート依頼をする場合は、ヘクステックリペアツールで取得したログを添付すると詳細な回答をもらいやすいですよ!

 

管理者権限の見直し

まずは管理者権限の見直しです。接続中が出てくる問題はシステムのアクセス権設定が原因で発生している可能性があります。

権限の設定はRiotが公式アナウンスしているので、そちらの手順に沿って設定してみましょう。

https://support.riotgames.com/hc/ja-jp/articles/204134104

IPv6の設定

私の環境では「IPv6 が優先的に繋がれているように見受けられる」とRiotサポートに指摘されました。

現在(2018/11/07)リーグ・オブ・レジェンドでは IPv6 はサポートしてないのでIPv6設定も見直す必要があります。

設定方法は

1) [コントローラーパネル]から、[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択します。
2) 画面左側のタスクから「アダプターの設定の変更」を選択します。
3) 使用する「イーサネット」のアイコンを右クリックして、表示されたメニューから「プロパティ」を選択します。
4) [この接続は次の項目を使用します]の枠内の[インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)]のチェックを外します。
5) [閉じる]をクリックし完了です。

以上5ステップです。

ファイアウォール設定の見直し
私の環境では次のセキュリティプログラムが影響しているとRiotサポートに指摘されました。
・NisSrv.exe
・MsMpEng.exeこれらはMicrosoft社が提供するMicrosoft Security Essentials に関連するセキュリティプログラムです。
Microsoft Security Essentialsより、リーグ・オブ・レジェンドの関連プログラムを例外設定にするか、一時的な無効化またはアンインストールが必要です。私は例外登録をしておきました。
こちらの設定もRiotが公式アナウンスをしているので、そちらの手順に沿って設定してみましょう。
https://support.riotgames.com/hc/ja/articles/201752664#wq3
LOLのReplayフォルダを削除する
以前、LOLのリプレイを消すことでログインの不具合が解消された時期があったので今回も一応やっておきましょう。
私の環境ではReplayフォルダは
「Cドライブ\Users\ユーザー名\Document\League of Legends」
にありました。
Replaysフォルダをまるごと削除して大丈夫です。

 

私が今回試した方法は以上になります!

初めてRiotサポートに問い合わせしましたがとても丁寧な対応をしてもらえました。(問い合わせが殺到しているらしく、返事に少し時間が掛かりましたが)

本当に不具合で困ったら、ログを添付して問い合わせするのが最善かもしれませんね。この記事で不具合が解消されることを祈ってます。

それでは皆さん、サモナーズリフトで会いましょう!

 

-League of Legends

Copyright© しゃこぽめドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.